フロアコーティングは自分で施工

フロアコーティングは自分で施工

住宅を新築後の玄関や廊下そして洋室の床のフローリングは、ピカピカに綺麗で気持ちが良いです。

この状態を何時までも保てるようにフロアコーティングを施しましょう。

フロアコーティングを専門で行う業者もいますが、自分で施工して安い費用で済ませるようにしましょう。



引越し前や荷物を入れる前の、何も無い状態のときに施工するようにしましょう。

フロアコーティングの材料や道具はホームセンター等で販売しているので買ってきましょう。

良くわからないときは店員に聞くと、詳しく説明してくれるはずです。

材料や道具が揃ったら、床と壁の境目に養生をします。


壁に巾木があったら巾木の上に養生テープを張って、コーティング材が壁に付かないようにしましょう。
フロアコーティングを施す場合は、部屋の奥から出入口に向って後ずさりしながら塗布してゆきます。


各部屋ともに同じ様にしながら済ませましょう。
廊下も同様に一番奥から玄関に向かって、後ずさりしながら塗布してゆきます。最後に玄関ホールに塗布して外に出ると良いでしょう。

あまり厚く塗り過ぎないように注意して、薄く斑の出来ないように注意しましょう。
1回で厚塗りすると斑になったり浮いたりするので注意しましょう。



1回目を塗布して乾いたら2回目を塗布するようにしましょう。



2回目も同じ要領で厚く塗り過ぎないように注意しましょう。
この時は素足やスリッパは履かずに新しい靴下を履いて、1回目のコーティング材を汚したり傷つけたりしないようにしましょう。

2回フロアコーティング材を塗布する事でより効果が望めるでしょう。