フロアコーティングで新築同様に

フロアコーティングで新築同様に

フローリングを長期間新築同様に保つためには、フロアコーティングがお勧めです。

自分で定期的にワックスをかければ、コスト的には安くすむ場合がありますが、手間と完成度に難があります。


新築時に入居する前にフロアコーティングをしてしまえば、定期的なメンテナンスの必要もなく長期間綺麗な状態を保つことができます。

フロアコーティングにも種類がありますが、その中で一番耐久性に優れているのがUVコーティングだといわれています。
施工時も乾燥完了までに半日程度ですむので、引っ越しの直前の施工でも問題ありません。


日常のお手入れも掃除機と簡単な拭き掃除ですむので、ワックス掛けの手間もありません。



薬剤が床材に馴染めば、滑りにくくなる性質もあるので小さな子どもやペットがいる家庭でも安全に使用できます。
初期費用は多少高額に感じますが、耐久年数は20年以上といわれているので、コストパフォーマンスはよいものとなっています。
光沢があるため、部屋の中を明るくみせてくれる効果もあります。



フロアコーティングは、床材の種類によって適しているものがかわってくるので、予め確認しておく必要があります。

施工会社によっては、資料請求時に床材のサンプルがもらえるので、実際の完成イメージがしやすくなります。



価格もメーカーによって差がありますが、事前見積もりなどで割引されるキャンペーンなどもありますので、色々な会社を比較検討することをおすすめします。