フロアコーティングについて

フロアコーティングについて

フロアコーティングとは、色々な溶剤等を使用して、床の表面の樹脂の皮膜で覆って行く施工作業のことを言います。

溶剤等は、アクリル樹脂、ウレタン系樹脂、液体ガラス系塗料といった有機溶剤類を使います。

また、これらは消防法で定められている危険物にも該当しています。


フロアコーティングは、床面の装飾や保護、防錆を目的としています。


フロアコーティング自体、一種の保護手法とされています。
住宅においては、フローリング材の保護として行われることになります。使用目的に、防腐や防食といったものも保護に該当することになります。



殺菌効果だけでなくて、耐薬品、耐火性を高めることも期待されています。



また、有機溶剤類を使うことによって、防水もできるようになります。

美観効果としては、平滑化、光沢付与、彩色、景観創出が期待されています。

特に、ワックス掛けをすることによって、美観を演出することができるようになります。


また、耐薬品効果によって、有害化学物質等の吸着も期待できるようになります。

溶剤類を使用しての作業となるので、換気をしながら施工をして行くことになります。



防護グッズを着用しての作業となるので、保護眼鏡の着用、耐油手袋の着用はほぼ必須となります。

屋外の作業であっても、有機溶剤類から発せられる蒸気は有害となっているので、吸引しないように気を付けなければなりません。

フロアコーティング類は、自分で施工できることから市販されている物は覆いです。


例えば、ワックス剤の場合、七千円位で販売されていることが多いです。

また、ワックス以外の溶剤であれば二万円位で販売されていることが多く、取り扱いは特に注意が必要とされています。


また、業者に頼む場合であっても、比較的手頃な値段で施工依頼が可能とされています。